FC2ブログ
SM主従関係間でのリレー小説
ご主人様こと「陀須磨(たすま)」と、その奴隷「依撫(イブ)」が織りなす、 リレー小説。その内容は、妄想か、現実に有った事か、、、? 挿入される画像が物語るのは、、、何?


アクセス



プロフィール

陀須磨&依撫

Author:陀須磨&依撫
ご主人様:陀須磨(たすま)
奴隷  :依撫(いぶ)
リアルな主従関係の二人による、妄想と現実の狭間のリレー小説。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ランキング

人気ブログ検索 - ブログフリーク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


放尿シーン
リレー小説の内容を臨場感溢れるものにする為に、
陀須磨と依撫で、チャットで演じてみました。


陀須磨: ほ~ら、お前の大好きなションベンをかけてやろうか?
依撫 : お願いします。顔に、身体にかけてください。
陀須磨: そんなにかけて欲しいのか?
依撫 : かけて欲しいです。身体中に塗りたくって感じたいのです。
陀須磨: じゃぁ、まず、裸になれ!着ているものを全部脱ぐんだ。
依撫 : はい。
陀須磨: よし、じゃぁ、風呂へいこう。
依撫 : はい。お願いします。

陀須磨: 違うだろ!素っ裸の雌犬は、四つん這いで歩くんだろ?
依撫 : はい。わかりました。私は、いやらしい雌犬です。
陀須磨: そうだ、そうやって、尻をふりながら、四つん這いで歩くんだ。
依撫 : はい。ご主人様のあとならどこにでも四つんばいでついていきます。
陀須磨: よし、じゃぁ、ここでチンチンの格好をしろ!
依撫 : はい、わかりました。
陀須磨: よし、そのままの格好で、オマンコを触ってやる。
依撫 : はい・・・・
陀須磨: 何だ、これは、もうビチャビチャに濡れてるぞ。
依撫 : は・・・い・・・あ、あ・・・・・
陀須磨: ん、どうした?感じてるのか?誰が感じていいって言った?
依撫 : はい、すみません・・・。我慢します・・・・
陀須磨: 我慢できるのか?こんなに溢れてきてるぞ?
依撫 : ・・・感じていいでしょうか?
陀須磨: どうせ我慢なんか出来ないんだろ?
依撫 : はい・・・
陀須磨: 触るのやめようか?
依撫 : いえ、、、もっと、触ってください、、、お願いします
陀須磨: ほら、どうしようもなく、スケベな女だな。
依撫 : そうです、淫乱な女です・・・
陀須磨: なに物欲しそうに見てるんだ?
依撫 : ご主人様のものを舐めたいです。
陀須磨: 俺の何を舐めたいんだ?
依撫 : ペニスを舐めさせてください。
陀須磨: もっと違う言い方が有るだろう?
依撫 : ちんちんを舐めさせてください。
陀須磨: そうだ、その言い方が、いやらしい依撫にはお似合いだ。
依撫 : はい。ちんちんを舐めたい・・・
陀須磨: よし、くわえてみろ!
依撫 : ありがとうございます
陀須磨: どうだ、おいしいか?
依撫 : とっても、おいしいです。
陀須磨: 大っきいか?
依撫 : すごく大きくて喉につかえます
陀須磨: 堅いか?
依撫 : 堅くて大きくて、あごが痛くなるほどです。
陀須磨: こうやって、頭を押さえてズコズコ出し入れされるのはどうだ?
依撫 : ずっと、待っていたご主人様のご褒美をいただけて、すごく幸せです。
    ずっと、ずっと、咥えていたいです。
陀須磨: ほら、口から離すな!もっとズコズコと出し入れしてやる。
依撫 : はい。
陀須磨: こうやって、口を犯されていると、まともにしゃべれないな。
陀須磨: ん?
陀須磨: なに自分で触ってるんだ!
依撫 : は、はい・・・
   (急いで自分を触っていた手を離す)
陀須磨: どうしようもない淫乱女だな。
   (チンチンを引き抜く)
依撫 : (名残惜しそうに・・・)あ、、、
陀須磨: よし、触りたいなら自分で触れ!
依撫 : はい、、、
   (いきなり核心に触れる)
陀須磨: 、、、、気持ちいいか?
依撫 : あ・・・・もう、いきそうです
陀須磨: (いきなり、チンチンで、依撫の顔をビンタする。)
依撫 : ああああ・・・・・・・
陀須磨: ほら、自分で勝手に触ってイキそうになる奴には、お仕置きだ。
依撫 : ああ、、、、幸せです、もっと、ちんちんでぶってください
陀須磨: (チンチンの根元をつかみ、顔にばしばしと叩き付ける。)
    ほら、こうされるのがいいのか?こんな屈辱的な事されているんだぞ!
依撫 : もう、幸せでたまらないです。
    ご主人様のちんちんで叩かれてるだけで、溢れてきます。
陀須磨: この変態女め!(と、頭を突き放し、風呂場に横たわらせる。)
陀須磨: そのまま、オナニーをしてみせろ!
依撫 : (風呂場に横たわりながら、感じ続けています)
依撫 : はい。
依撫 : (脚を広げ、自分の指で核心を刺激している)
依撫 : あ、、、いきそうです
陀須磨: (私は、依撫 の顔に狙いを付けて、思いっきり放尿した。)
依撫 : あああ・・・・・・・・
依撫 : (痙攣を起こしたように感じ続けている)
陀須磨: ほら、ほら、ほら!
陀須磨: (顔から、乳房、下半身と、オシッコをかけまくる。)
依撫 : ああああああ、、、、、、(両手で身体中になすりつけている。)
陀須磨: (蔑んだ笑いを見せて)、、、嬉しいか?
依撫 : すごく、嬉しいです。幸せです。
陀須磨: 、、、、あったかいだろう? 俺のションベン。
依撫 : とてもあったかかった・・・ご主人様に浴びせかけてもらって
依撫 : 感激してます
陀須磨: ほ~ら、まだ出るぜ。
依撫 : もっと、お願いします
陀須磨: ほら、口を開けて!
依撫 : はい
陀須磨: (大きくあけた口の中に目掛けて、放尿を続ける。)
依撫 : ・・・・・・
陀須磨: ほ~ら、依撫は幸せ者だなぁ。
陀須磨: ご主人様のオシッコをこ~んなにイッパイ浴びせ掛けられて。
依撫 : ・・・(飲み込んで)・・・はい、とっても、幸せです。
陀須磨: この便所女!
依撫 : (感じて、身体をひくひくさせている)
依撫 : はい。
陀須磨: (腰を振って、最後の一滴を依撫にかけて、放尿を終わる、)
陀須磨: あ~。すっきりした。
陀須磨: (そう言い残して、依撫 を残し、浴室から出てゆく。)
依撫 : (ひとり、余韻に浸りながら、風呂場に横たわり、尿まみれで感じ続けている)


陀須磨: なかなか、迫力満点でしたね。
依撫 : 思い出しながら、実際に感じながら、会話してました。
陀須磨: この会話中、ほんとに触ってたの?
依撫 : うん。。。いっちゃいました・・・
陀須磨: あらら、、どのあたりで?
依撫 : お風呂場で頬を叩かれる場面で・・・。
陀須磨: ビンタは、ほぼ毎回やってるからね。
依撫 : ほんとに、大好きなんです、ビンタ。
陀須磨: この会話は、ブログに載せようと思います。
依撫 : 臨場感があって、良かったよね。
陀須磨: 次は、どんなシュチエーションがいいのかなぁ?
依撫 : ブログのシチュエーション?
陀須磨: ストーリーの中の、会話。
依撫 : 会話ね。色々、好きなシチュエーションはありますよ
陀須磨: またその時になったら、チャットします。
依撫 : はい、楽しみにしてます
陀須磨: じゃぁ、編集して、UPしておきます。
依撫 : お願いします~♪次は、進みすぎないよう、注意します・・・。
陀須磨: じゃぁ、今日は、もう一回自分でイッてから、お休みください。
依撫 : はい、読み返して、もう一度いきます・・・
陀須磨: それでは、おやすみなさい。
依撫 : おやすみなさい~
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


この記事に対するコメント

エッチなセレブがいっぱい!

http://blog.livedoor.jp/owenf132/
【2005/10/16 03:06】 URL | ここはやばい!
#g/JDDOl6[ 編集]


この娘、かわいいとおもいません?

http://blog.livedoor.jp/cmsd213/
【2005/10/16 03:06】 URL | 石絵未李
#BiYEkj0o[ 編集]


エロ最強!!!!

http://blog.livedoor.jp/jerw131/
【2005/10/16 03:07】 URL | アイドル激似動画
#8B4hZO4g[ 編集]


ここ、おもしろいですね。次の記事も楽しみにしてます!

http://blog.livedoor.jp/calsd132/
【2005/10/16 03:07】 URL | いつも拝見してます
#MnKLitDg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://masterslave.blog28.fc2.com/tb.php/12-8d17ff7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

犯されブログランキング(裏館)

「犯されたくて堪らない!!」超淫乱な女の子達の性の日常をエッチに!リアルに!赤裸々に紹介する激エロブログランキング!! 犯されブログランキング(裏館)【2005/10/16 03:20】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。